横浜DX見える化プロジェクト 小地図

横浜DX戦略

主要取組・コックピット

横浜市は、「デジタルの恩恵をすべての市民、地域に行きわたらせ、魅力あふれる都市をつくる」を目的に横浜DX戦略を策定し取組を進めています。

令和4から7年度を“First Step”とし戦略策定段階で到達目標を掲げていますが、取り巻く環境が変化する中、目的を実現するうえで柔軟性を持ち、アジャイルなプロセスと多様な知恵と力を引き出し進めていくため、進捗を見える化します。

「横浜のDXはすごいらしい」と言っていただけるように、DXを推進していきます。

※アジャイル…試行と修正を素早く繰り返して、企画、設計、開発、構築を行う手法・考え方

取組1

上位100手続オンライン化

年間受付件数上位100手続を6年度までに100%オンライン化します。

graph1

4年度は計画を上回る44手続をオンライン化しました。5年度も予定を前倒しして取組を進め、6年度に100%達成する見込みです。

arrow_icon
詳細はこちら

※PCでの閲覧を推奨しております

取組2

デジタルを活用した新たな働き方の実現

場所を選ばず組織を越えて連携できる新しい働き方のDX「Link-Up! YOKOHAMA」を6年度に始動します。

graph2

4年度に基本構想を取りまとめるとともにβ´モデルへ移行しました。5年度のプレ運用を経て、6年度に計画通り始動する見込みです。

arrow_icon
詳細はこちら

※PCでの閲覧を推奨しております

取組3

デジタル区役所推進と地域の担い手支援

モデル区(西区・港南区)を始動し、事例の創出・横展開につなげます。地域の担い手の活動をデジタルで支援します。

graph3 graph3

①モデル区を始動させ、プロジェクトチームでの実証を進めています。
②消防団活動支援アプリの全消防団導入、本格利用を開始しました。

arrow_icon
詳細はこちら

※PCでの閲覧を推奨しております

取組4

DX推進体制の強化

統括本部の機能強化やデジタル人材の確保・育成を進め、DX推進体制を強化します。

graph4

4年度はデジタル・デザイン室の設置など機能強化を図りました。5年度は民間人材活用や人材育成の新たな仕組みを始動させます。

arrow_icon
詳細はこちら

※PCでの閲覧を推奨しております

取組5

創発・共創によるDX推進

民間企業や大学、団体の皆様が持っているデジタル技術を活用して、利用者目線の新たな行政サービスの創出を目指します。

graph5

YOKOHAMA Hack!を立ち上げ、行政課題とデジタル技術のマッチングを行い、防災・子育て・教育を中心にプロジェクトを推進しています。

arrow_icon
詳細はこちら

※PCでの閲覧を推奨しております

取組6

住民情報系システム標準化

8年1月の運用開始に向けて地方税4業務の標準化を進めます。
その他の16業務についても、移行作業を順次進めていきます。

graph6

8年1月の運用開始に向けて地方税4業務の標準化を進めます。その他の16業務についても、移行作業を順次進めていきます。

arrow_icon
詳細はこちら

※PCでの閲覧を推奨しております

time

このアイコンは、みなさんに時間をお返しした取組を表します。

time

青色の進捗バーは、令和4年度の実績を表します。

time

青から赤への進捗バーは、令和5年度に進捗中の取組を表します。

取組状況の詳細について